結婚式をサポート ウエディングプランナー

結婚式の準備

結婚式を行う時に、挙式のプランを考えてお手伝いをするのがウエディングプランナーです。幸せな空間を作る素敵な仕事のイメージの人が多いでしょう。

ウエディングプランナーの仕事にもメリットデメリットがあります。

メリットはやはり結婚式が無事に終わった時の充実感です。結婚する2人や出席してくれた人達が喜んでくれることに、やりがいを感じるでしょう。自分のプランが結婚式として成功すると、かなりの達成感が味わえます。

反対にデメリットも多くあります。打ち合わせの時点で無理な要望を言ってくるカップルも多いです。オンリーワンの結婚式にしたくて、こだわった式を挙げたいと思っている人も多いのです。どうしたら良いか頭を悩ませることも少なくありません。慣れない頃は、任されるプレッシャーも大きいです。一生の思い出に残る大事なイベントなので、大きな失敗はできません。でもそこを上手くサポートするのがウエディングプランナーなので、何事も経験が大切です。主役の2人の笑顔が見れたときが、一番うれしい瞬間になります。

メリットデメリットはありますが、人々の新しいスタートのお手伝いができる仕事はなかなかありません。素敵な結婚式の演出を考えてみませんか?

結婚式のプラン

ウエディングプランナーにとってのプロデュース

結婚式

ウエディングプランナーにとって、ウエディングをプロデュースすることはとても楽しいことです。大成功に終わった時には大きな達成感と喜びに包まれます。大きなパーティを成功させることにはとてもやりがいを感じますし、自分を成長させる良い経験にもなります。

ウエディングプランナーになることのメリットはやはり、新郎新婦とともに幸せな気持ちになれることではないでしょうか。自分がプロデュースしたウエディングが、これからの二人の生活のスタートとなるのです。人生の節目を一緒にお祝いできることは、この上ない幸せと言えます。プランナーの仕事をすることで、未婚の方でしたら、自分のウェディングをどのようにしたいか考えることができるということもあります。どんなプランがあるか、どれくらいの予算かなど、詳しく知っているからこそ楽しく計画することができます。会場の飾り付けや支度は忙しいですが、綺麗に飾り付けられた会場を見るのは嬉しいですね。

愛を確かめ合う

最後に新郎新婦からお礼の言葉もきけるので、次の仕事への活力になります。誰かの役にたち喜ばれるプランナーは、ウェディングにいなくてはならない大切な存在なのです。最近では小規模の式が増えていますが、大事な日には変わりありません。結婚式の盛り上げ役として頑張ってほしいものです。